春満載 山菜&野草ウォーキング 2017/03/20

主催:出口・千切・駅前まちづくり自治会


参加者:26名 年齢:2~78歳 スタッフ:14名


講師:土佐和ハーブ協会 松岡 昭久氏


   和ハーブインストラクター 横山 桂子氏


   和ハーブコーディネーター 押岡 洋子氏


 本日は気温も高く晴れ。とてもいいウォーキング日和でした。


 海駅をスタートし、サイクリングロードを安芸方面へ。途中しおや宿降り口に入り、最初の採取場所に到着。ビワの新芽、ギシギシ、クコの若芽などが取れました。


 そのまましおや宿前を通り過ぎ、夫婦岩付近を通過し佛岬の浜へ。2番目の採取地点では、ヤブツバキ、ハマウド、アマチャヅル、などが取れました。


 最後の採取地点は、真行寺横の山。ここではチチコグサ、ハマエンドウ、ヤブツバキなどが取れました。ここにはハガキの木という木があり、その昔ハガキのように使われていた葉っぱがなるそうです。


  


  


 


 海駅帰着後に摘んできた山菜&野草のチェックをし、天ぷらづくり。


  


  


 自治会の炊き出し訓練で作った、缶詰の炊き込みご飯・おにぎり。和ハーブ協会提供の山菜スープを頂きました。


 天ぷらにつけて食べるお塩には、ヤブニッケイを乾燥して粉末にした粉を混ぜてあり、とてもいい香りと味わいでした。お茶はスイカズラを乾燥させたものを使用しており今までに飲んだことのない味でした。


  


 これからもこのような企画をし、海駅イベントとしても開催したいと考えておりますので、今回参加できなかった皆様もぜひご参加くださいますようお待ちしております。